ヘアオイルでサラサラ髪をキープ

シャンプーは重曹、リンスはクエン酸、ヘアクリームはグリセリンで

若いときは太くて多くて始末に困る髪質だったのですが、40台半ばあたりから髪のこしがなくなったと感じるようになり、いろいろなシャンプーやトリートメントを試してみましたが、効果がありませんでした。

 

年齢的なものでどうしようもないのかと思っていましたが、なんとかならないものかと、ネットで探し、最後にダメもとでやったのが、シャンプーリンス等を一切使わない方法でした。ヘアケア用品の添加物が毛根を痛めているという説明でした。水だけで髪の汚れの70%は落ちているから、完全に落とす必要はないというのです。1ヶ月後、髪はバサバサになりました。

 

これは地肌が変化している途中なのだそうで、ガマンガマン。このガマンは結構きつかったです。2ヵ月後、次第にバサバサが収まり、なんと髪にこしがでてきました。若いときと同じというわけにはいきませんが、明らかに髪質がしっかりしてきました。シャンプーリンス断ちは本当に効果がありました。それから10年たちますが、シャンプーリンスは一切使っていません。

 

ヘアクリームも使っていません。湿度が高いときなど、髪がまとまらないときは、グリセリンを使っています。ただ最近では洗い流さないトリートメントを使用しています。洗い流さないトリートメントを発見した時は凄く嬉しかった。
普段の洗髪は、シャワーで湯をかけるだけ。汚れがひどいときには、たらいの湯にに重曹を大匙半分ほど溶かして洗い、リンス代わりにクエン酸を小さいたらいの湯に小さじ半分ほど溶かして使います。日常のヘアケアはそれだけ。実に安上がりでシンプルです。

 

この頃は白髪が気になりだしたので、ときどき自分でヘアマニュキュアをします。染めるというのは髪と地肌を痛めるので髪の表面をコーティングするだけのヘアマニュキュアです。いろいろ試してみましたが、レフィーネに落ち着きました。使いやすく髪が痛まないからです。ドライヤーも髪を傷めるので、冬場だけ控えめに使います。